2022年12月18日(日) 関西さるく会「明神山さるく」。

 この冬一番の寒い中、家内も含めた10名で明神山に登りました。私にとっては先月から3回目です。
いつも通り王寺駅からバス移動して明神4丁目からスタート。 最初の急坂を登るとあとはなだらかな上り坂。仲間と話しながら気持ち良く歩いているともう頂上です。
 まずは昼食を摂り、その後各展望台から眺望を楽しみました。今回は昨日雨が降ったのと風が強かったこともあり明石海峡大橋も肉眼ではっきり見えました。もちろんあべのハルカスや比叡山、大台ケ原、高見山など最高。参加者のみなさんも大喜びです。 写真を撮ったり、持参の双眼鏡で遠望したりと思い思いに楽しんでいました。
 あとはいつも通り、バスの時間を考慮しての下山。王寺駅までのバス移動のあと、今年最後のお茶会を楽しんでさるく会も無事終了しました。
 それにしても山頂での風と寒さはきつかった!
元気に登坂。
明石海峡大橋。
あべのハルカス。
悠久の鐘。
比叡山をバックに記念写真。
頂上での記念写真。奥には大阪平野。

2022年11月27日(日) 関西さるく会「鳥羽離宮跡」

 今回は京都地区が担当。12名で鳥羽離宮跡をさるきました。
 近鉄竹田駅を出発後、安楽寿院へ。ここには近衛天皇や鳥羽天皇の御陵があります。さらに少し歩くと白河天皇の御陵も。その他北向山不動院や西行寺跡、田中殿など城南離宮の主だったところを見学。同じ京都でも嵐山などと違って人は私たちだけです。
 昼食は鳥羽離宮公園。同期U君が先月に引き続き壱岐焼酎を持参。かなり高級なものでおいしかったです。
 続いて七五三で賑わう城南宮へ。参拝後は神苑を散策。しだれ梅や椿、しだれ桜、紅葉の名所とのこと。今はグラデーション豊かな紅葉が最高でした。
 その後、鴨川べりでまたまた同期U君が買ってきてくれた鳥羽街道名物「おせきもち」をご相伴。辛口・甘口のおもてなしにみなさん大喜びでした!
 ほろ酔いプラス満腹で少しコースを短縮したさるく会も無事終了。京都の違う一面を実感した一日となりました。

庵楽寿院、近衛天皇陵。

鳥羽天皇陵。

城南宮神苑、紅葉①

城南宮神苑、紅葉②

城南宮神苑、紅葉③

城南宮神苑、黄葉

鴨川にて。

2022年10月23日(日) 関西さるく会「六甲山」

 六甲山ハイキング。参加者10名は六甲ケーブル下に集合。ケーブルカー故障ということでバスで山上駅へ。
 最初は記念碑台へ。ここは六甲山開発の祖と言われるアーサー・ヘスケス・グルームをたたえる記念碑。グラバー商会の出張員だったというのが長崎出身者にとっては嬉しいスポットでした。続いて笹が生い茂るブナの道を経て六甲高山植物園へ。
 リーダーの配慮でボランティアさんによる説明付きです。マムシグサの真っ赤な実やトリカブトの花、野生のシクラメンの花など、珍しい草花にみなさん興味津々でした。
 そして昼食。神戸港の景色を見ながらのお弁当は最高のひとときを醸し出してくれました。
 昼食後は林道を下ってケーブル上駅へ。途中六甲山縦走に挑戦中のみなさんに遭遇。須磨浦公園から宝塚までの56キロを歩くとのこと。中には走っている方も!普段はお目にかかれないシーンに出会いました。
 最後はお茶会を楽しんだ後、帰宅。秋晴れのハイキングという心地よい一日を楽しみました。

ケーブルカーに乗りたかったんですが故障中!

アーサー・ヘスケス・グルームの記念碑。

絆が強い女性たち。

笹路をかき分け。

高山植物園。

マムシグサ。

トリカブト。葉っぱ二枚で死に至るとか。

りんどう。

六甲ガーデンテラスにて。ここでのお弁当はおいしかったです。加えて同期のU君が焼酎「壱岐」の差し入れ。帰りはほろ酔いウォークでした(笑)

神戸港から大阪平野を望む。

山道を歩く。後ろ向きの方たちが六甲山縦走参加者。

2022年9月25日(日) 地域さるく会「亀の瀬地すべり地域」。

今日は奈良県の境にある「亀の瀬地すべり地域」をさるきました。10時半にJR河内堅上駅に集合。11名の参加です。うち同級生は7名!特に参加促進しなかったのに嬉しい限りです。
 最初は地すべり資料室でボランティアガイドさんによる地すべりのメカニズムや被害の実態、地すべり対策の説明を受けた後、水抜きトンネルを見学。集水井から地下水がしたたり落ちてくる様は地すべり対人間の戦いそのものでした。
 続いて昭和7年の地すべり時に崩壊したものの奇跡的に残った旧関西本線のトンネル跡を見学。明治の職人たちのきめ細やか仕事振りがわかるレンガ組みや蒸気機関車の煙のすすがそのまま残された天井部など、往時を偲ばせる貴重なひと時になりました。
 お弁当タイムの後は、龍田古道を経て風の神様、龍田大社へ。柱に巻かれた登り龍のしめ縄が印象的な本殿を参拝したのち帰途へ。
 自然に立ち向かう人間の力強さに感動した一日になりました。

2022年8月28日(日) 地域さるく「下鴨神社、京都府立植物園」。

爽やかな 秋を感じさせる下鴨神社、京都府立植物園を7名でさるきました。
 出町柳駅を出発して糺の森を北上し下鴨神社を参拝。御手水池では底から湧き出す水の泡を注視!この泡をかたどって作られたのがみたらし団子とのこと。続いて大文字が眺望できる賀茂川沿いを北上。あまりにも心地よい風にここで昼食。大文字を背に食べるお弁当はおいしかったですよ!
 その後は京都府立植物園。今年三回目です。今回は温室をゆっくり散策。前回感動したモンローの唇は終わっていましたが高山植物の蛇に似たダーリングトニアは健在?。参加者のみなさんもびっくりしていました。
 最後は五山送り火の松ケ崎「妙」をバックに写真を撮って解散。秋を感じさせる楽しい歩こう会も無事終了しました。

2022年7月24日(日) 地域さるく「馬見丘陵公園」。

コロナ急拡大と夏日にもかかわらず京都と大阪からの参加者も含めて7名が「馬見丘陵公園」を散策しました。
近鉄池部駅には10時に6名が集合。今日は暑いしもう誰も来ないねと時刻通り出発。
出迎えてくれたひまわり畑では「ゴッホのひまわりはどれ?」とか、「映画の「ひまわり」はこんな花だったね」とか夏の日差しなんかまったく気にする様子なし!
続いて早咲きのコスモス畑や大輪の花が印象的なアメリカフヨウの花など鑑賞してカリオンの丘へ。屋根とミストと爽やかな風でお弁当タイムも最高です。正午のカリオンの音を聞いた後、コキアの前で記念写真。そしてナガレ山古墳へと歩いているとどこかで見た人が!なんと大先輩のHさんです。伺ってみると30分遅れたとのこと。ここに居たらみんなと会えると思って待ってたとのことです!強い思いが奇跡的な出会い実現してくれたとみなさん大喜びでした。そしてその出会いを祝して王寺駅近のファミレスで乾杯!
 花いっぱいと嬉しい出会いの地域さるくも無事終了しました。

2022年6月26日(日) 地域さるく「京都御苑」

今日は関西さるく会(高校OB)。12名で同志社大学キャンパスから京都御苑をさるきました。
同志社大学ではOBが感慨深げに歩いてたのが印象的でした。その後京都御苑へ。今回はうれしいことに御所が参観可能ということで初めて紫宸殿や小御所などを見学。紫宸殿では左近の桜、右近の橘も見ることができました。また御庭池ではアオサギも出迎えてくれて自然も感じることができました。
 昼食の後は二条城へ行く予定でしたが暑さもあり蛤御門を見学した後、お茶の名店、一保堂で休憩。冷たいほうじ茶と和菓子は涼しさを与えてくれました。ここで一旦解散となりましたが半数の有志はお店を探して反省会。やっぱりビールは・・・でした。
そして帰途へ。ところが京阪三条から乗った電車が四条から京橋までノンストップ。気づいた時はすでに遅し!結局大阪経由で帰ることになりました。決して酔ってなかったんですが(笑)

同志社大学。レンガが美しい建物群です。

京都御所、紫宸殿。右に左近の桜、左に右近の橘。

御庭池。サギが!

この道は自転車の道。玉砂利は運転しにくいからいつも間にか自転車の道ができました。

建礼門をバックに。

蓮の花。お昼にはしぼんでしまいます。

2022年5月22日(日) 地域さるく会「万博記念公園」

久し振りに22名が参加して万博記念公園をさるきました。嬉しかったことは今年の関西進学者5名を含む学生が6名参加してくれたことです。
当日記念公園はウイズコロナということもありたくさんの人出。そんな中私たちは比較的人が少ない自然文化園と平和のバラ庭園、日本庭園を散策。満開の花々と久し振りの同窓のみなさんとのおしゃべり、エクスポシティで買ったお弁当で楽しい一日を過ごしました。

2022年4月24日(日) 地域さるく会平安京遺跡さるき。

今関西さるく会(高校同窓会)。平安時代の平安京跡の遺跡を4名でさるきました。
JR西大路駅をスタートし、西塔跡へ。東塔は有名ですが西塔は早くさびれてしまって今は基壇が残るのみ。次は東塔へ。国宝の五重塔は日本一の高さです。その後梅小路公園で昼食。
今回は珍しく梅小路京都西駅から二条駅までJRで移動。そこから神泉苑、朱雀門跡、紫宸殿跡などを経て京都生涯学習センターでおさらい。応仁の乱以前の平安京跡をオリエンテーリングした楽しい一日でした。

2022年3月27日(日) 地域さるく会「耳成山・藤原京跡」

8名で大和三山の耳成山登山と藤原京の菜の花と桜を楽しみました。長崎から平さんも参加してくれました。

耳成山の山頂。

耳成山公園の桜。

耳成山公園の桜と雪柳。

藤原京跡の菜の花。桜は三分咲き。

桜と菜の花越しの耳成山。

ボケと雪柳と桜の競演。