思い出記録

残り少ない人生を毎日わくわく生きる高齢者の記録をブログとして綴りました。

ブログ一覧

2023年1月31日(火) 宮古島旅行最終日。

◆日時:2023年1月31日(火)
◆復路:宮古島(ANA1750)13:55発~関空15:55着
ホテル(8:30~9:30出発)=○イムギャーマリンガーデン<約20分>4.【宮古島】○東平安名崎<約30分>=○与那覇前浜ビーチ<約10分>=△来間大橋(車窓)=5.○【来間島】<約15分>=☆島の駅みやこ=宮古空港(走行距離:約60km)


イムギャーマリンガーデン。



東平安名岬。



与那覇前浜ビーチ。

 

2023年1月30日(月) 宮古島旅行2日目。

◆日時:2023年1月29日(日)
自由行動=オリックスレンタカー0980-73-5500
宮古島神社=砂山ビーチ=ユートピアファーム=昼食(レッドドラゴン)=熱帯植物園=マリンガーデン シースカイ博愛


宮古神社。




砂山ビーチ。




ユートピアファーム。


シースカイ博愛。

2023年1月29日(日) 宮古島旅行1日目。

全国旅行割を利用して初めての宮古島観光を楽しみました。

◆日時:2023年1月29日(日)
◆往路:関空(ANA1749)10:30発~宮古島13:15着
宮古空港=△伊良部大橋(車窓)=【下地島】○通り池<約20分>=2.【伊良部島】○牧山展望台<約30分>=△池間大橋=3.○【池間島】<約15分>=☆雪塩ミュージアム=○島尻のマングローブ林<約15分>=宮古島(17:30~18:00着)(走行距離:約90km)

下地島の通り池。

伊良部島。早くも桜が咲いていました。

池間島から神秘の島、大神島を望む。

2023年1月17日(火) 第40回中三歩こう会「八坂神社初詣」。

中三歩こう会の今年最初の活動は八坂神社初詣です。全会員12名で八坂神社、高台寺、建仁寺を巡りました。
 最初は祇園精舎ゆかりの祇園神社(八坂神社)です。正月が一段落したのか人もまばら。ゆっくりとお参りすることができました。
 続いて丸山公園からねねの道を経て秀吉の菩提を弔うために正室ねねが建立した高台寺へ。ねねの持仏堂だった開山堂、秀吉とねねをお祭りする霊屋(おたまや)、伏見城から移築された茶室の傘亭と時雨亭など。京の風情を感じさせるひと時です。
 そして昼食。自家製の湯葉を使ったグラタンや生湯葉とろとろご飯などを心行くまで堪能。みなさん大喜びでした。
 食後は建仁寺。「風神雷神図屏風」(複製)や法堂天井画「双龍図」はもちろん、元首相細川護熙作という「瀟湘八景図襖絵(しょうしょうはっけいず)」(奉納特別公開)など心が豊かになるものばかりです。

 最後はやっぱりお茶会。和風スイーツとおしゃべりは散策の疲れをいやす至福のひとときでした。

人影もまばらな八坂神社。ゆっくり写真が撮れました。

丸山公園ではアオサギがお出迎え。

祇園閣をバックに女性会員。

高台寺 観月台。

高台寺 傘亭。

高台寺 時雨亭。

高台寺 竹林。

高台寺 台所坂。

京料理 高台寺羽柴。

湯葉料理が味、量、コスパ最高でした。

元首相細川護熙作という「瀟湘八景図襖絵(しょうしょうはっけいず)」

建仁寺 双竜図。

建仁寺 風神雷神図屏風

2023年1月11日(水) 第282回二名歩こう会「石切神社初詣」。

 快晴の下、私たち夫婦を含む55名が参加して石切剣箭(つるぎや)神社初詣を実施しました。
石切神社は「石切さん」「でんぼ(腫れ物)の神様」として親しまれるとともに、お百度参りが全国的に有名な神社です。神社までの参道は台湾の「九份」を思わせる下り道。占い屋さんが多いのも興味を引きます。
石切神社では願い事をしたり、摂社・末社巡りをしたりと楽しい時間を過ごした後、絵馬殿前で記念写真。みなさんの笑顔が最高でした。
その後新年会の会場、ホテルセイリュウへ移動。おいしい食事と会話に会場は大いに盛り上がりました。
最後は大阪平野の眺望がすばらしいスカイテラスで記念写真を撮って解散。当然私たちの班はお茶会。
今年の計画検討やおしゃべりなど楽しい時間を過ごしました。

石切駅でミーティング

お百度参りの賑わう石切神社

祈り亀。小さな亀がかわいいらしい。

2班の乙女たち。

絵馬殿で記念写真

参道を登ります。

乾杯!

ホテルセイリュウのスカイパレスで記念写真